甘いモフモフな人物

マンションにはポメラニアンが2匹来る。上の子は3才でブライダルを記憶して迎えました。犬は生まれつき心がよくて礼節がいいと信じこんでいたボクは亭主の行いにそんなことは薄いんだってようやく知りました。子犬の周辺は歯が生え変わるときに歯がかゆくて物をかむことを知らなかったボクが乏しいのですが、長椅子、垣根、カーペット、カーテン、色んな物をかんで内部はボロボロにされました。お座りもできないし、いかんせんとしてしつけを教えてくれる周辺をいくつかあたって、訪問し組み込みに来て受け取る周辺を見つけました。毎週来てもらって、しつけの勉強も頑張って、ついにはじめてなったかと思っていたら、ダンナが甘やかし過ぎて甘えん坊になったのが気になって、お兄ちゃんになるように下の子を迎えました。その子は子犬のうちからビッシリ英才指令を受けさせたし、上の子もお兄ちゃんらしくなってきたから大勝利!としていたら・・・ダンナが今度は下の子を甘やかして甘えん坊になりました。またお兄ちゃんにするために子犬を飼わなくては禁止?というエンドレスイメージを憶える私の気持ちをよそに、英才指令はどこへやらなカーペットにウンチを行うようになった下の子。も?という反面、ボクが仕事から帰る時間を覚えてワクワクしながら待っていて、ドアを開けたら飛び付いて来るモフモフなやつらがどうしても嬉しいのでした。参照サイト